narai

suginomori

 

suginomori breweryは、標高約940m、日本で最も標高が高い酒蔵です。その名の通り、杉の森に囲まれた長野県の奈良井宿で日本酒を醸しています。

歩んできた歴史

1793年に創業した杉の森酒造は、奈良井宿のシンボルでした。かつては「木曽五大名酒」のひとつとして、多くの人に愛される日本酒を醸造してきましたが、2012年に閉蔵し、200年以上の歴史に一度、幕を閉じました。そして2021年、この歴史ある酒蔵は suginomori brewery として再生しました。

手作業による酒造り

マイクロブルワリーとして再生した当蔵では、全ての工程を丁寧に手作業で行います。

水と米

「水」は、標高の高い立地ならではの自然の恵みである天然の山水を使用し、「米」は、同じく標高の高い環境で育った⻑野県安曇野産を採用。標高約1,000mの山から引かれる天然水と地産の米で「narai」は醸されます。

長野県の山々を前にしたsuginomori酒造の「narai」のボトル
苔むした森の床に置かれたsuginomri酒造の「narai」のボトルの詳細。
奈良井宿の町並みを眺めることができます。

© Copyright 2021 suginomori brewery inc. All rights reserved.